GOOGLE仮想空間 Lively(ライブリー)始動開始その1

GOOGLEが2008年7月8日(米国時間)、「Lively」(ベータ版)を開始した。

要はセカンドライフのようなインターネット上の3次元仮想空間サービスなのだが、セカンドライフとの違い、そして今後はどうなのだろうか。


まず圧倒的に違うのはそのインストールの簡単さと今のところウィンドウズしか使えないということ。

日本語にまだ対応していないらしいが、メモ帳などでテキストを打って送信すれば読めるようになるらしいです。(←ちょっと面倒ですよね・・・)

さて、『セカンドライフで英語を学ぶ』として気になるのはそのユーザーですが、今のところアメリカを中心とした英語圏が多いらしいです。

今まで世間を驚かせるようなビジネスモデルで成功してきたGOOGLEが相手だけに、セカンドライフにとっては今後の出方によってはユーザーを二分しかねない重大な事件ですね。

次回は実際にLivelyを使ってみようと思います。Livelyダウンロードはこちら


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: GOOGLE仮想空間 Lively(ライブリー)始動開始その1

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://secondlife-info.info/SL/mt-tb.cgi/64

コメントをどうぞ