2人でダンスが踊れる場所で必然的に英会話その3

さて2人でダンスが踊れる場所で必然的に英会話その1その2を経てやっと今日は実際にお相手を見つけて踊るところまでをリポートします。


Avilion Castle Grand Ballroomのお城の中に入ると中は暗がりになっていて、階段を下りた先がダンスホールになっています。

すでにお相手がいる人たちは中央のフロアでそれぞれの曲に合わせて踊っています。

(スローやハイテンポ、ワルツなどいろいろなダンスの型があるので、自分達が踊りたいものを選びます)

その前にお相手がいないといけませんね。

Mariは一人で行ったので、まずは中の散策をしてみました。

中央のフロアの周りには椅子が置いてあって、それぞれ男性用、女性用と別れています。

中がかなり暗いので、男女の見分けがつかないときは助かりますね。

ここに座ってお相手が現れるまで待つのもいいのですが、女性が一人で座っているとやや物悲しい印象です。(これはリアルな世界でも同じですね)

散策して2分くらいで声をかけられました。

オランダ人の男性(アバターが)でかなり慣れているようで操作方法やなんだかんだとかなりリードしてくれて頼もしいです。

これは・・・ダンスが嫌いな人も好きな人も、一度やってみる価値はあります。

Mariは社交ダンスやったことありませんが、本当に楽しいです!ドレスの動きもとても精巧で、カメラのアングルを変えてみてみろとオランダ人に教わりみてみたら、中世のお城の雰囲気なども合わさってほろほろと良い気分になりますよ。

しかも英語は必須ですしね。

画像を取ってきました。次回は画像の録画の仕方をレポートしますね。

 

 

☆セカンドライフ社交ダンスMP4ファイルはこちら

 


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2人でダンスが踊れる場所で必然的に英会話その3

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://secondlife-info.info/SL/mt-tb.cgi/56

コメントをどうぞ